タグ:お散歩 ( 2 ) タグの人気記事

懸賞 懸賞

お散歩

懸賞 2007年 11月 10日 懸賞

天気がとってもいいので、昼飯を済んだら旦那と一緒に散歩へ行きました。秋の暖かい日しかも土曜だし、出かける人がたくさんいます。結構上海のど真ん中に住んでるので、家から出たらすぐに現れたのは人ごみでした、いつもにぎやかなとこが好きな私もちょっと嫌がってきました。散歩だから、静かなとこがいいかなって二人ともそう思ってるので、裏道を選んでゆっくりと歩き出しました。
裏道は昔よく通る道なので私たち二人にとってたくさんの思い出もそこに詰まってます。
「ここは昔雑貨店だよね、今服屋さんに変わったわね」とか
「この喫茶店でコーヒーを飲んだことあるよね、まずかった!」とか
「あ、この店まだやってるよ、10年以上も続けるなんて、すごいね」などなど言い合いながら散歩してました。
d0072052_23525924.jpg
もみじの色がすこしずつ変わっていく、秋はますます深くなるわ!

よく思い出が多ければ多いほど年を取ってる印って言われてます。自分も少しずつ思いでが多くなって、昔のことも懐かしく思ってることが増えてきました。年齢を増えることって悪いことばっかりではないと思います。もちろんこれはどうしようもないことでもあり、けど歳と重なるとともに人生の経験や見聞も広めて行くのです。これからもいい思い出をたくさん残るように充実そして楽しく生きて行きたいと思ってます!

[PR]

by ekubo1101 | 2007-11-10 23:35 | 随筆

散歩

懸賞 2006年 06月 22日 懸賞

東京に来て六年も過ぎたんだけど、東京タワーにまだ行ったことがないです。一回ぐらいに見に行かないとって思って、すぐに行動に移った。

地下鉄に十番駅まで乗って(十番までは定期券を持ってるので^^)、駅に出たら、東京タワーはもうすでにあそこに”居る”の。まだ結構距離があるけど、私は「ここからは散歩コースに始まりましょうか!」って言ったら、彼は頷きながら私の手を握り締めて、歩き始まった。

二人の”探検”はここから始まる。そんなに遠くないように見えてる東京タワー、どうやってたどり着くのは正直全然分からない。人に訊く気もしなし、地図なんかも持てない、二人が考えた結果:東京タワーに目印にとして、そこに近づくように、ひたすら歩けばいいんだろう。 

太陽は雲の後ろに隠れてる休日の午後、六本木の街で歩いてる私たち。とっても静かな街です、六本木昼と夜の顔はまったく違うことはつくづくと感じた。確かに私たちが歩いてるとこは六本木のメインストリートじゃないけど、それにしてもびっくりするほど人が少ないです。こんな静かな雰囲気で散歩してる私たちがなんか言葉では表現できない気持ちが良かった。常に生き生きしてる大都市ー東京でこんなにのんびり散歩できることがめったに無いですね。少しの緊張感とともにちょっとずっつワクワクしてきた。

私たちは「もうちょっとですよ!」「すぐそこにあるじゃないの!」「あ、少しずっつ近づいて来たじゃん!」・・・・・・散歩の楽しさを存分に味わってる。東京タワーもうちらと「いないいないーばぁー」を遊びながらの感じで、急に”消えたり”(建物の後ろに隠れてる)、また出たりとかしてる。ある街角に曲がってるとこで、東京タワーが急に目の前に現れた。やっとよ、やっと着いたよ!!!この時点、すでに出発してから、45分間に経った。


後で分かってることなんですが、うちら歩いて着いたとこは、東京タワーの裏道(真裏)です、本当に静かに綺麗な道で、ひととおりも少ないし、私が大好き。正面に入ってみたら、数台の観光バスが停まってて、観光客がたくさんいる。

裏道で歩いてきて良かったって二人ともそう思ってる、いつもと違う体験でよかったです!とっても楽しく過ごして休日の午後でした。
[PR]

by ekubo1101 | 2006-06-22 16:19 | 海阔天空