タグ:生活 ( 23 ) タグの人気記事

懸賞 懸賞

金色と秋

懸賞 2007年 11月 24日 懸賞

中国ではよく秋のことは「金色の秋」って言うですね。なぜかと言うと、一つ、秋になると稲の穂が熟して、田舎の畑を見たら金色しか見えないからです。二つ、秋になると葉がいっぱい落ちて、町中に金色の絨毯を敷いたようにみえるのからです。
秋は収穫の季節です。この季節に果物もたくさんあって美味しいです。そういえば、その中に金色っぽい果物もたくさんありますね。たとえば:文旦、グレープフルーツ、金柑、梨,,,,,,などなど。
d0072052_04434.jpg
金柑はちょっとくせがあるけど、あの独特な香りが大好き

まだ日本にいたごろ、ある占い番組は金色付きの果物がリビングに飾ったら金運がアップすることができるって言いましたけど(あの時にグレープフルーツが置いてあった)、どうかな?!ちょうどうちにもあるから、私も一応やってみよう。効果あるかしら?!ハハ!
[PR]

by ekubo1101 | 2007-11-24 23:19 | 海阔天空

大当たり?!

懸賞 2007年 10月 28日 懸賞

最近梅干を食べる度に歯がしみて来ます。しみてるとこは何年前に東京で虫歯を治療されましたが、今二なってかなり磨耗をしてたので、しょうがなく私がとっても行きたくない歯科へ行クコとにした。
記憶の中で、歯科へ行くのは結構辛い事です。東京に暮らした何年間は何回も歯科に通ったことがあるけど、上海では何年ぶりだろうね、大人になってから、ほとんど行った事がなかったです。子供のごろの記憶ですごく痛い目にあったから、歯医者は怖いってずっと思ってました。このような考え方を変わったのは東京に行ってからのことなんです。
自分はまだ学生のごろ虫歯になって、母に病院まで連れてもらって、虫歯の治療を受けました。あのごろ治療する過程の中で麻酔をしないまま、我慢することは当たり前なので(ほかの方法がなかった)、とっても痛くて辛かったです。思い出すたびに「あ~、怖いな、行きたくないな」って思う。昔虫歯の治療だけではなく、すべて歯の治療は麻酔は使わなかったのです。父から聞いた本当の話なんですね:父が若いごろに親知らずが生えてきて、けど、場所がずれたから、なかなかうまく出てこれなくて、病院へいって、先生に診てもらったら抜くことに決まりました。歯を抜く当日に、歯医者がいきなりハンマーや鏨を出したのです(もちろん麻酔なんかはしないよ)、それで父の口の中に鏨を入れて大工さんみたいにやり始まった、「カンカンカン」の音がしてまして、父も痛くて言葉も出なくなった、あのごろの病院では待ってる病人さんは外から病室中の様子が全部見れるので、待ってる病人さんたちは先生の治療ぶりを見た瞬間にみんな逃げ出したように病院を後にしました。その話を聞いて私が思わず笑ったけど、確かにあのごろ歯科へ行きたくはないの多分普通の人みんながそう思ってます。

d0072052_129158.jpg
そう、そう、話を返って、今回行った病院は結構いい感じでした。個人をやってる診療所なので、普通の病院により値段が高くなってるが、心地がよかったです。院長が日本に留学したことあるって聞いたのです。だから診療所の看護婦さんの格好やら流れてる有線やら日本と同じですね。私が今回やってもらったのは磨耗した部分だけなので、一回目は元のとこをちょっと削って、薬を入れれば終わりです。うちに帰って、晩御飯を食べるときまたしみてきた、しかも病院に行く前より症状がひどくなったのです。「何でだろう、もしかして先生がちゃんとやってなかったの?」心配でご飯の途中に病院に電話をした、担当の先生の話によると:歯は削ったばっかりなのでいつもより敏感になってる、ちょっと硬いものを噛んだり、熱いものを食べたり、しみることがよくあって、一日に経ったら症状が消えます。もし明日この症状が変わらなければ病院へもう一回来てくださいって言われました。半信半疑に先生の話を聞いて、晩御飯もうまく食べれないまま翌日に迎えました。朝ご飯はパンを食べた、やわらかいので歯はあまりしみてなかったです。昼ごろにテレビを見てるとき携帯に電話を入ってきた、相手は診療所の先生でした「こんにちは!××病院の××です、今日の調子どうですか?しみてますか?」って問われました。
 「あ、大丈夫です、今日はあまりしみてないです」
 「これはよかったですね、もしなんかあったら是非病院に来てね」
 「はい、わかった。ご親切ありがとうございます!」......

このような会話は多分日本でよくあると思うけど、今まで中国では病院からこんなに親切な電話をもらったのは初めてです。正直言うとちょっとびっくりです、中国語で表現すると「受宠若惊](過分の寵を受けて戸惑う)ですね。でもやはり嬉しかったです、恥ずかしいけど、中国でこんな待遇をされたら(日本の方から見ると馬鹿馬鹿しいかもしれない)、なんとなく気持ちがよくなりますね。今回通ってる診療所はある意味「大当たり」したかもね。
[PR]

by ekubo1101 | 2007-10-28 01:13

早い~~~!

懸賞 2007年 10月 18日 懸賞

時の経つのは早いもんですね。あっという間に十月になりました。もう秋だもんね、しかも上海蟹を食べれる時期でもあります、ハハ、いっぱい食べよう!

久しぶりの更新なので、皆さんは元気でしょうかね!

九月の終わりに私が上海で結婚式を開けました。彼と付き合って13年、やっと正式的に「夫婦」と呼ばれるですね。これから二人の人生はまだ長いので、仲良くそしてラブラブで過ごしたいと思ってます、ヒヒ!(^-^)
d0072052_055966.jpg


秋の町に歩いてると、金木犀のいい香り漂ってます。晴れる日の午後、日差しはそんなに強くない、風に当たりながら町で散歩してると気持ちがとってもいいわ。家の窓を開けたら、外から同じいい香りが入ってくる、思わず深呼吸をし、「もう秋だね」ってつくづく思います。
[PR]

by ekubo1101 | 2007-10-18 00:35 | 海阔天空

~夢~

懸賞 2007年 06月 07日 懸賞


夕べ夢を見ました。

そろそろ結婚をするので、頭の中に多分あんなことばっかり考えてるから、夢に出てきました。夢の中に:結婚披露宴の最中に親戚たちに呼ばれて、「新婦さんと写真を撮りましょうよ」って、私も笑顔しながら付き合おうと思ったら、自分がまだスッピンのままのを気づきました。なんで?しかも着替えるはず二着のイブニングドレスもぜんぜん用意してません。いったいどういうことですか?新婦のくせに素顔で披露宴で現すことはどうなんだろうね???!ウェディングドレスも最初から最後まで着るつもりですか???や~ば~い!

わけわからない変な夢ですね。今朝目が覚めたら頭の中に「なんであんな夢を見たんだろう?!」ってずっと考えてました、もちろん結果はでませんでした。夢はたぶんあまり意味がないけど、見てる最中の自分がちょっと焦ってることがまだはっきり覚えてます。本番にあんなことがあったら、絶対に焦るよね。ヒヒ!^^

私が毎日夢を見てます。夢って面白いですね、いつも怖がりの自分が夢の中でとっても大胆で勇敢です。けど毎日目覚めるがとっても悪い、頭が痛くてボウとしてる時が多いです。夢をあまり見ない人に羨ましいです。

さて、今夜はどんな夢を見れるだろう~~~


[PR]

by ekubo1101 | 2007-06-07 23:51 | 海阔天空

旬の果物ーーーライチ

懸賞 2007年 06月 03日 懸賞

今年はライチの当り年です。毎年7月ぐらいに店頭に並ぶはずのライチ、今年5月のはじめからも見えてきました。中旬になったら市場でどっと出回りです。これはこれはイチゴが大好きな私にとってどんなに喜ぶことだろう。

甘くて水分もたっぷり入ってるイチゴ、昔から中国では「果物の王」と云われてます。最近の二週間、私がほとんど毎日食べてます。けど、いくら美味しいって言っても、食べ過ぎるとよくないですね。漢方ではのぼせって言ってるらしいです。鼻血を出たり、便秘になる原因でもあります。

以前東京に居るとき、新鮮なライチは高くて少ないです、夏場になるとめったに店頭で見えませんでした。たまに買うけど、そんなにおいしくないイメージがあります。どうしても食べたいだったら、冷凍のやつはスーパーで年中に売ってます。

ほら、あんなにみずみずしいライチ、誰が見ても食べたくなるしょうね。あ~、もう我慢できませんわ!はい、いま食べにいってきま~す!
今年の夏、幸せですなぁ~~~!
[PR]

by ekubo1101 | 2007-06-03 19:48 | 美味でございま~す!

中国式リフォーム

懸賞 2007年 05月 26日 懸賞



結婚披露宴は9月の末にします。その前に「新居」を改装しないといけない。彼の自家が持ってる部屋があります、場所的にとってもいいけどちょっと古いお家なので、そこをリフォームし、二人が住むすつもりなんです。

上海に帰って旧正月を過ぎてから、リフォームを着手しました。今の上海では古い家を新しくする、要するにリフォームをするには大体二種類に分けてあります:
一種類、すべてのことが改装会社に頼んで、やってもらうこと。これは一番普通で多分日本もこのやり方だと思います。
二種類、改装する必要な材料は全部自分が買ってきて、労働力だけ改装会社に雇ってもらうこと。みんながいまのを見てきっと「なんで???」って頭の中に浮かべるよね。実は最初のごろにほとんどの人が「一種類」しかやってません。けど、だんだんにいろんな問題が出てきました。改装会社がもっと儲かるため、卑怯な手を使う人が増えてきました。お客さんからいいお金をもらって、安い建築材料とか使ってるひと、もっとひどいのが不合格な健康によくない建築材料を使ってるひともいます。その結果改装してまもなく部屋がいろんなとこで壊れてきたり、一部の住人も病気になったりしてしまいました。あれから、「二種類」が出てきたのです。


健康のために、後々に問題が出ないために、今回家の改装は「二種類」にしました。小さなねじからペイントまで全部自ら買いに行きました。リフォーム中に何か足りなかったり、何かが急に必要になったり、すぐに買いに行かないといけないので、私たちは常にスタンバイしてました。それだけではなく、改装中も監督役をやらなければいけないです。すべてじゃないけど、部分の工人はね、お客さん側がいい素材を買ってきたら、余ってる部分が盗んだり、安いものを入れ替えていい素材をもって帰ったりしてます。日本では想像できないことが中国では何でもあり得るです。

先週までリフォームがすでに終わって、ちょっとほっとしました。後いろんな家具を揃えばやっと普通の家に見えるようになると思います!部屋中の一品一品が全部自分が選んだので、出来上がりの様子がとっても楽しみにしてます。

あ~、中国式リフォーム、本当に疲れます!


[PR]

by ekubo1101 | 2007-05-26 01:58 | 海阔天空

この一週間

懸賞 2007年 02月 03日 懸賞





先週の日曜から、姉のうちに泊まってもらっています。東京に居る最後の一週間、姉と一緒に居たくてしょうがないからです。これから姉妹二人が離れ離れになっちゃって、確かに東京と上海はそんなに遠くはない、けど、会えるのはそんなに簡単なもんじゃないです。特に姉が娘が二人が居るので、忙しい毎日過ごしてます。

明日は姉のうちで過ごす最後の日になります。この五日間、姉のそばに居て、毎日どんな生活をしてるのかがちゃんと自分の目で確認することができました。ひとつの言葉を表現したら、「とっても大変です」しか言えません。本当に信じられないぐらい忙しいです。朝早に起きて、旦那さんが仕事を出かけてから、姉の仕事も始まります。上の子にご飯を食べさせ上げながら、髪の毛を結ってあげてます、下の子に服を着替えさせて、しばらくして三人一緒にマンションの玄関まで行って、上の子を送ります(毎日幼稚園の車が向かえって来ます)。それからうちに戻って、下の子に朝ごはんを食べさせながら、自分の朝ごはんも一緒に済ませる。終わったら、洗濯機を回して、部屋中掃除機をかけてからモップもします。ちょっと一息をしたら、洗濯物も出来上がり、庭に行って全部干して、これでやっとちょっと座れます。週に二、三回昼前に下の子に水泳の練習を連れて行かなくちゃ行けないので、一時間ぐらい出かけます。戻ってきたごろはすでに12時半ぐらいになって、もう昼飯の時間です。また昼ごはんを作って、食べて、一時半になる。下の子がそろそろ昼寝をする時間。この昼寝の一時間ぐらい、うちの姉にとってはリラックスできる時間帯なんです。好きなことをやっていいから、邪魔する人が居ない。また三時になったら、上の子が幼稚園から帰ってくるので、玄関まで向かいに行かなくちゃ行けない。帰ってきた子は一日幼稚園での生活をママに報告して、それからリビングで遊ぶ。「ママ、おなかが空いた、おやつを食べたい~、ママ、プーさんのDVDを見たい~、ママ、キッティちゃんのハンカチはどこに置いたの?ママ、ママ、ママ・・・・・・・」姉はいつも首を横に振りながら、ため息をしてます、「ほら、まただよ~、一刻も休ませてくれませんわ」ってイライラしながら言ってました。下の子も負けずに、ママにいろんな”要求”を求めてます。二人が時に泣いたり、喧嘩もしたり、またヤキモチを焼いたりする、いつも彼と二人しか部屋に居ない、静かに慣れてる私たちにとって、頭がいたくてしょうがないです。本当にうるさいよ、ハンパじゃないです。あれから、旦那さんが帰ってくる前に晩御飯のしたくをし、二人を連れて風呂を入り、しばらくしたら晩御飯を食べる。ご飯中にも、豆乳を飲みたいとか、お茶を飲みたいとか、アニメをみたくとか、おまけに旦那さんにビールや焼酎やもって上げたりしたら、ちゃんとしたご飯も落ち着いて食べられません。最後にベットまで行って、子供を寝かせてあげないといけない。これでやっと一日終わりました。主婦の皆さんがとってもハードなスケジュールで一日中仕事をしてるでしょう!想像つく以上に忙しくて大変な仕事なんです、尊敬します!!!

これを目の当たりにして、私がますます子供を産む気がなくなっちゃいます。子供が居るともちろん楽しい時間がたくさんある、けど、自分にとって自由な時間が子供とともになくなっちゃいうのも事実です。姉さんを見て、正直何のために生きてるのかはよくわからなくなっちゃっいました。人生はとっても短い、自分のために生きていきたい、自分の時間が自由に支配したい、未知の命に(自分の子供)そこまで犠牲をしたくはない、これは私の気持ちなんです。自分の子を産んで、必ず可愛がって、子供のためにいろんな面で犠牲にしたくなったりいろんなことを我慢したり、これは親として当たり前のことです、責任でもあります。あんなふうになりたくないよ、あんな自分もみたくない。あ~、本当に面倒くさいわ、どうすればいいだろう?時間で解決できるかしら?






今回ブログの更新は多分私が日本で最後の更新となります、次回から上海でブログを書き続きたいと思ってます。風鈴館の皆様、これからもよろしくお願いします。

[PR]

by ekubo1101 | 2007-02-03 00:51

疲れた

懸賞 2007年 01月 23日 懸賞




連日に荷物を片付け、本当に疲れました。想像以上に疲れました。ただのごみ捨てだと思ってたけど、実にやってみたらすごく大変なことって分かりしました。なぜかというと、捨てなければならないものがそこまで多いということが事前にまったく見当がつかなかったのです。毎日当たり前に生活して、あらゆる生活必要品はすべて揃ってます。彼と二人しかいない、もちろんそれなりに荷物があることが覚悟ができてますが、家具や電気製品や全部買い取り会社に頼んで持って行くことにした、それなのに残ってるものはまだまだいっぱいあります。決心をつけながら一件、一件にゴミ袋に入れってました。彼は隣で「何も考えずに入れたほうがいいよ、いちいち考えたら、何も捨てられないよ!」って言ってました。確かにそうです、別に壊れてるものや古いものじゃないから、なかなか捨てたくはないです、けど、持って帰れるものが限りがあるので、やむを得ずすべてのものを処理します。今の私にはそういう選択肢しかないです。

七年間に異国でのすべての思い出がこの自分の手を使って捨てるなんて、あまりにも残酷すぎじゃないですか?!毎日少しずっつ空っぽになってゆく部屋を見ると、とっても寂しい感じます。でも一応自分が決まったことだし、文句なんか言えない。人生って常に前へ進むしかないです、これから上海に帰ってからも頑張ります。

みんな、私のことを忘れないでね、もうそろそろ東京から離れちゃうけど(2月4日に帰国です)、私のことを忘れないてくださいね~~~!なんか寂しくて悲しくて涙が出てきそう・・・・・・




[PR]

by ekubo1101 | 2007-01-23 15:36

誘惑に負ける

懸賞 2007年 01月 15日 懸賞




セールに弱い私が我慢できず、買い物に出かけました。帰り準備のためいろんな荷物を片付け、どうもこれ以上を増えると入れない状態なんですが、セールという誘惑に負けて自分に言い訳までをつけて堂々とデパートへ向かって行きました。その言い訳は:「しばらく東京に来られないので、今のうち買わないといつ買うの?」って自分に言い聞かせました。

確かに事実はそうだけど、でも言い訳は言い訳ですね。デパートに入って、かわいい服を見たらもうだめですね、自分の買い物欲がどんどん膨らんできました。これもほしい、あれもかわいい、どうしよう?!思わず手を伸ばしてると、頭中の指令を受けて:「今持ってるのは本当に買わなくちゃいけないものなの?本当にほしいの?確定なの?後悔なんかしない?・・・・・・」ずっとこういう風に繰り返してきました。(しょうがない、私がいつも衝動的にいっぱい買っちゃうよね、うち帰ったら、またすぐに後悔することも何回もあったので、この際しっかりしないとね)。

この三日間買ったもの、すべてちゃんと考えた上で決まったので、後悔なんかは絶対にしない。けど、私はやはり弱いです、セールによわいです!




[PR]

by ekubo1101 | 2007-01-15 20:20 | 女人心

規則正しい

懸賞 2007年 01月 11日 懸賞



朝8時に起きるのは何年ぶりだろう?!いつも生活の規則が正しくない私、今朝用事があるため、普通の時間に起きてきた。彼と二人で用事を済ましてちょうど昼の12時前なので、またまた久しぶりランチを食べに行った。ラ・ボエムというイタリア風レストラン。結構いい感じなお店、料理の味といい、接客といい、とっても私のお気に入りです。席まで案内してくれたのは愛嬌があるとっても感じがいい若い女性です。外食はよくするんだけど、あんなに笑顔が素敵な店員さんはあまり見たことないですね。天気もよかったし、笑顔を見てまた気持ちもとってもよくなったし、このような雰囲気の中で食事ができることは、最高じゃないですか!日差しが入れる店の中で、周りお客さんのしゃべる声を微かに聞こえてそして有線の音楽と一緒に混ざったら、本当に心から「いいなぁ~」って言ってる、本当に普通に生活をして、幸せだねって思う。今まであまりにも逆様に生活をしてるから、極普通に生活してるリズム感を味わうと、やはりそれは一番いいなってつくづく思う。

ちなみに、ランチ時間はセットがあって、食前酒、サラダ、パスタ、と最後コーヒーまでつけて、二人で2500円しかかからなかったよ、美味しくてとっても満足です。あ~、これから平凡な生活を始まる事を思い出すと、なんだか嬉しくてたまらない。



[PR]

by ekubo1101 | 2007-01-11 21:12 | 随筆